東京のデリヘルで汗まみれになって働いている勇者たち

東京のデリヘルでは人ごみに揉まれながらも尚ひた向きに汗水垂らして努力している勇者がたくさん存在するのである

*

東京デリヘルで働く女の子たちのカモフラージュ作戦

東京のデリヘルで働いている女の子は一体どれだけいるのでしょうか?右を見ても左を見ても、かわいい女の子ばかりがいる東京では、目に映る女の子がみんなデリヘル嬢に見えてしまうのは私だけでしょうかw完全にデリヘル通のおっさんの偏見ですね、すいませんw
日本の首都である東京では、デリヘルの業界でも他の地域では見ることのできなくらいの激戦区でもあります。人も集まるだけに、可愛い女の子や美人さんなどデリヘルで働く子のタイプもさまざまでしかもレベルが高いのです。そんなデリヘル嬢の子たちですが、これだけのルックスが整っているのに男の影が見えないなんてことは絶対にない!と断言するのですが、気になるところは彼氏の有無ではなく、東京のデリヘルで働くということをどうやって隠しているのでしょうか?ということです。デリヘルで働けるのは18歳以上なので、今時の若者であれば同棲をしている子も少なくはないでしょう。
日中働く場合は、デリヘルでお仕事であっても普通のお仕事であっても『いってきます』で済んでしまうかもしれませんが問題は夜、デリヘルの予定を入れている場合です。東京とはいっても、彼氏彼女の中になれば世界というのは狭くなるもので、たまたま彼氏が飲みに行った近くのラブホから、デリヘルの仕事を終えた彼女が出てきたところを発見されたとなれば・・・当然、東京のど真ん中で修羅場になりかねません。
まず第一に、東京のデリヘルで働くとなれば普段使うようなエリアは避けます。これは絶対ですよね、お客さんが知人だったなんていう危険も回避できますからね。では実際に彼氏になんと言い訳するのか。

コールセンターの受付

深夜帯にハイテンションでバンバン流れてくるテレフォンショッピングのCM。東京には24時間対応の電話受付のバイトがあるのです。ここで働いているの、といえば夜中に出て行っても問題はありません。ダブルワークでデリヘルと掛け持ちしている子でもこれなら通用しますからね。
間違っても『コールガールやってるの』とは言わないようにしてくださいねw

日頃からの対策

デリヘル嬢ともなればお風呂上がりのいい匂いがするはずです。いくら東京が人で溢れかえっているとはいえ、お風呂上がりの匂いというのはすぐには消えません。そこで、帰りはパチンコや喫煙所をあえて通って遠回りをして帰るようにします。プラス、普段から風呂好きアピールをして『バイトの先輩と岩盤浴行ってから帰ってきた』とか『スポーツジムのシャワーかりてきちゃった』なんていう言い訳は準備しておくべきです。
東京にはデリヘルも銭湯も岩盤浴も、カモフラージュに最適な施設がたくさんありますからね。
好みのデリヘル嬢を探すならば東京 デリヘルで調べると沢山の情報があります。

公開日:
最終更新日:2015/12/01